胃カメラ検査

以下の項目に該当する方は胃カメラ検査受診を推奨します

胸焼け(胸やけ)、胃もたれがする
のどに詰まる感じがある
食べ物を飲み込む際に違和感を感じる
ゲップがよく出るようになった
食欲が出ない
吐き気がする
上腹部(みぞおち付近)に痛みを感じるようになった
ピロリ菌に感染していると指摘された事がある
黒い便(タール便)が出る
胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発症した事がある
辛いお腹の症状で早く検査をしたい方

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査とは先端にカメラがついた細いチューブのスコープで胃や食道の状態を観察する検査です。
胃カメラ検査は定期的に受ける必要があるため、気軽に胃カメラ検査を受けていただけるよう心がけています。
胃カメラ検査にかかる時間は5分~10分が目安です。

 

胃の内視鏡検査は、今まで口からの経口での検査が主流でしたが、最近では細いチューブも開発されたことで、鼻からの経鼻内視鏡検査が可能となりました。
当クリニックがおすすめしている経鼻内視鏡検査で使うスコープの直径は5.9mmです。
口から入れるタイプのスコープの直径は9.4mmですので、約半分の細さです。
経口での胃カメラ検査は嘔吐反射が起こることでとても苦しいものでしたが、鼻を経由する場合は嘔吐反射が起こる場所にチューブが当たりにくく、とても楽に検査を受けていただけます。

 

また、経鼻内視鏡検査ではスコープを口に挿入しないので、検査中に医師と普通に話をすることもできます。

かわさき内科クリニックの胃カメラ検査の特徴

鼻からの内視鏡検査を実施

経口での胃カメラ検査では舌の根元部分に触れてしまう事で嘔吐反射を起こしてしまい、辛い検査となってしまいます。
鼻からの胃カメラ検査では舌の根元部分には触らない為、「オエっ」となりにくく比較的楽に胃カメラ検査を受けていただけます。

 

鼻からスコープを通すのは「痛そう」と思われる事が多いですが、鼻の中にも麻酔をかけますので痛みを感じる事はほとんどありません。
※鼻からの経鼻内視鏡検査は嫌だと思われる方は口からの胃カメラ検査も可能です。

 

鼻の狭い方や鼻づまりの方はスコープが入らない場合もあります。その時には口からの胃カメラ検査となります。

 

胃カメラ検査に対し緊張が強かったり、恐怖を感じる方は鎮静剤を使うことも可能です。
副作用で呼吸抑制が出現することがあります。
鎮静剤を使用する場合は車、オートバイ、自転車での来院はご遠慮ください。

内視鏡専門医が検査を実施

当院の院長は今までに1万5000例以上の内視鏡検査を行ってきた実績があります。
些細な症状でも構いませんので、お腹の不調を感じられましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

土曜日も胃カメラ検査を実施

当院では、平日お仕事などで忙しい方でも胃カメラ検査を受けていただけるように、土曜日も胃カメラ検査を行っています。
胃がんに負けない地域を創っていく為には、働かれている世代の方々への胃カメラ検査普及は欠かせません。
胃がんは予防したり早期発見をする事ができる時代となりました。


胃がんで苦しむ方をこの荒川区から減らす為にも、是非土曜日の胃カメラ検査もご活用下さい。

当日の胃カメラ検査について

急を要する胃カメラ検査は当日に行うこともあります。
急に胃が痛くなった、急に吐き気を感じるようになったなど、突然のお腹の不調でお悩みの方がいらっしゃいましたら当院までお問い合わせ下さい。
皆さんのその不安を解消していきます。


※お食事の状況によっては検査が出来ない事もあります

胃カメラ検査で診られる症状・疾患

潰瘍やポリープ、逆流性食道炎のほか、他の検査ではみつけることができない初期のがんを早期発見することが可能です。


胃に発症するがんは早期に発見することが出来ると完全に取り去ることができますが、初期のがんは5mmから1cm程度のサイズであるため、内視鏡の扱いに熟練した医師が、慎重に行うことではじめてこうした初期のがんをみつけることができます。


早期発見で見つけることができる小さながんは、1年ほどすると進行してしまい、完全に取り去ることが難しくなってきます。
その為当院では、胃は1~2年に1度の頻度で検査を受けて頂くことをおすすめしています。

 

胃カメラ検査を受けた方がよいと思われる症状としては、胃が重い、胃がキリキリ痛い、掴まれるように痛いなど、胃にはっきり症状を感じている場合のほか、胸焼けや喉の違和感、慢性の咳、食べ物がつかえるような感触がするなどが挙げられます。

 

胃カメラ検査では以下のような上部消化管の異常を観察する事が出来ます。

逆流性食道炎

胃酸が食道内に逆流する事で、食道内が炎症を起こす疾患。
よく診られる症状として「胸焼け」や「のどの違和感」などが診られます。

食道がん

食道に発症するがんで、「喉がしみる感じ」「喉のつっかえ感」などの症状が良く診られます。
早期の食道がんの状態で発見できると内視鏡での治療も可能となります。

食道・胃粘膜下腫瘍(GIST)

胃の粘膜の下に発症する腫瘍のことを言います。
近年の研究結果により、GISTはリンパ組織や他の臓器へ転移することが分かりました。
胃カメラ検査を行うことで早期発見、治療も可能となります。

胃がん

胃に発症するがんで、「長期間続く胃の痛み」「胃の不快感」などの症状がよく診られます。
胃がんも早期の状態で発見が出来ると内視鏡での治療も可能となります。

胃潰瘍

心窩部痛を伴う事が多いですが、その他の症状として「胃もたれ」「吐き気」「ゲップ」などの症状を引き起こす事もあります。
治療が遅れると胃に穴が開いたり、出血を止める事が出来ずひどい時には貧血を招く事もあります。
出血し黒色便(タール便)を呈する事や大血管付近での深い潰瘍から血管損傷に至り大出血となり、意識消失を伴うショック状態に陥ります。緊急手術にも間に合わず死亡する例も実際にあります。
人員も設備も整っていても時間的に間に合いません。

十二指腸潰瘍

空腹時の心窩部痛が特徴的です。
十二指腸は比較的薄い膜で覆われており穴が開きやすいです。
十二指腸潰瘍の治療では薬物療法によって行う事が多いです。

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)

胃の中で発見される細菌で、潰瘍や胃がんなど様々な消化器の疾患を引き起こす原因となります。
ピロリ菌に感染している事が分かると、直ちに除菌治療を行う必要があります。

アニサキス症

アニサキスは寄生虫の一種で、サバ、アジ、イワシなどの光物やイカなどの魚介類に寄生しています。
アニサキスに感染している魚介類の加熱処理が不十分であると、その魚介類を摂取した人間にも感染します。胃壁内にアニサキスは侵入する為、激痛を伴います。

 

上述している疾患は胃カメラ検査で診断ができる疾患の代表例で、上述以外の疾患も胃カメラ検査で分かる事もあります。

胃カメラ検査の流れ

1.問診

アレルギーや鼻の状態、いつも飲んでいるお薬などについてうかがいます。
血液さらさらのお薬は検査に影響がでる事がありますので服用されているお薬がある場合は必ずお伝え下さい。

矢印
2.前処置

胃の中をきれいにする薬剤を飲みます。
鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーして、出血をしにくくします。
鼻腔に局所麻酔を注入し痛みを予防しすべりをよくします。

矢印
3.チューブ挿入

麻酔薬を塗ったチューブを鼻腔に挿入します。
内視鏡が通りやすくなり、鼻腔の痛みを大きく軽減します。

矢印
4.内視鏡検査

胃の内部を丁寧に、慎重に見ていきます。

矢印
5.終了

検査が終わったら内視鏡を引き抜き、検査後にうがいをしていただきます。
麻酔を使用した方は検査後はリカバリールームで30分くらい休憩して頂きます。

矢印
6.ご帰宅

鼻からの胃カメラ検査の場合は麻酔は眠くならない局所麻酔ですので、すぐにお帰りいただけます。
お車の運転や飲食は、検査後30~60分で可能です。
60分位した時点で少量のお水を飲んでください。問題なければ普通に飲水してください。
通常の飲水が問題なければお食事をしてください。

胃カメラ検査の費用

当院の胃カメラ検査の費用については以下の表をご参照ください。

 

  1割負担 3割負担
胃カメラのみ 2,000円 5,000円
生検 3,000~4,000円 8,000~12,000円

検査費用は概算です。内視鏡検査時に生検だけでなく他の検査を行うこともあります。
事前検査分(血液検査)は含まれておりません。

お問い合わせ

この荒川区で胃がんで苦しむ方を一人でも減らす事が出来るよう、当院では今後も胃カメラ検査を丁寧に行います。
胃がんに負けない地域を創る為にも、少しでもお腹の不調を感じられましたら医療機関までご相談下さい。
胃がんは不治の病ではありません。早期の胃カメラ検査で予防が可能であります。


胃がんの発症リスクが髙くなる40歳を超えられましたら一度は胃カメラ検査をお受け下さい。

かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい TEL 03-6807-7769
かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい footer_tel.png
WEB予約の手順WEB予約の手順 当クリニックの診療・検査のご案内当クリニックの診療・検査のご案内 初診の方へ よくある質問 かわさき内科クリニックBlog かわさき内科クリニックFacebook
  • 03-6807-7769
  • tel_bn_sp.png
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約