大腸カメラ検査

以下の項目に該当する方は大腸カメラ検査受診を推奨します

便潜血検査で陽性と指摘された
便に血が混じった
赤黒い便が出た
血便や下血が出た
便の形が細くなった
残便感を感じるようになった
慢性的にお腹が痛くなる
慢性的に便秘や下痢を繰り返す
粘液が付着した便を出た
お腹が張るようになった
親族に大腸がんを発症された方がいる

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査では、肛門から内視鏡スコープを挿入して肛門から盲腸までを直接観察する検査です。


直接肛門から、盲腸までの腸管内を観察する事が出来る為、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)や過敏性腸症候群などの病気の診断が可能となります。
大腸カメラ検査にかかる時間は15~20分程度で、短時間で大腸の精密検査を行う事が出来ます。

 

大腸カメラ検査はお腹が張って苦しい検査であると思われる事も多いですが、当院では患者様のご負担を軽減させるための様々な工夫を行っています。

かわさき内科クリニックの大腸カメラ検査の特徴

鎮静剤を使用した苦痛の少ない大腸カメラ検査

当院では大腸カメラ検査時にも鎮静剤を使用しています。
その為、ボーっとしている間に大腸カメラ検査を受けられるので、あっという間に検査が終わるように感じていただけます。
また、大腸カメラ検査後は鎮静剤の効果が切れるまで休憩していただけきます。

内視鏡専門医が検査を実施

当院の院長は今までに1万5000例以上の内視鏡検査を行ってきた実績があります。
些細な症状でも構いませんので、便通異常(便秘や下痢)、腹痛といったお腹の不調を感じられましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

土曜日も大腸カメラ検査を実施

当院では、平日お仕事などで忙しい方でも大腸カメラ検査を受けていただけるように、土曜日も大腸カメラ検査を行っています。
大腸がんは早期発見が出来れば決して予後の悪いがんではありません。


40歳を超えられましたら大腸がんの発症リスクが上がりますので、40歳を過ぎたら一度は検査をお受け下さい。

日帰りでの大腸ポリープ切除

大腸カメラ検査中にポリープが発見された場合は、ポリープ切除を行います。
大腸ポリープは放置しておくとがんへと成長する事もあります。
大腸がんへと成長しないよう当院では切除する事ができる大腸ポリープが切除していきます。


しかし、大腸ポリープが大きすぎる、大腸ポリープの個数が多い、ポリープ切除後の出血リスクが高いと予想される場合は近くの大学病院や総合病院に紹介させていただきます。

大腸カメラ検査で診られる症状・疾患

潰瘍や大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病、便通異常(下痢や便秘)、腹痛のほか、他の検査ではみつけることができない初期のがんを早期発見することが可能です。大腸がんは早期の段階で発見することが出来ると完全に取り去ることができ、大腸がんの発症リスクを下げる事が出来ます。早期発見で見つけることができる小さながんは、1~2年ほどすると大きながんへ成長します。進行した大腸がんは完全に取り去ることが難しくなってきます。その為当クリニックでは、大腸は2~3年に1度の頻度で大腸カメラ検査の受診を推奨します。

 

大腸カメラ検査では以下のような下部消化管の異常を観察する事が出来ます。

過敏性腸症候群

副交感神経系の異常、ストレスや不安などが原因となって過敏性腸症候群を発症する事があります。
「繰り返す下痢・便秘」「長期間続く腹痛」などがよく診られる症状です。

大腸がん

大腸に発症するがんであり、「腹痛」「下痢・便秘」「血便」などの症状がよく診られます。
大腸がんによる死亡者数は増加傾向ですが、大腸カメラ検査で早期発見が出来れば治療は可能です。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)

腸管内で炎症を起こし「腹痛」「粘血便」「下痢」を発症します。
国が指定する難病に数えられますが、近年増加傾向にあります。

大腸カメラ検査の流れ

1.準備

前日の食事は消化しやすいものであれば普通に食事をされて大丈夫です。あらかじめ、避けていただきたい食品についてお知らせしています。


検査日当日の朝食は食べられません。
前日の夜に下剤を1~2種飲んでいただきます。水を飲まれるのは構いません。
お薬の服用については、患者様ごとにご説明しています。

矢印
2.腸管洗浄

朝8時ごろより、リラックス出来るご自宅で腸管洗浄液を飲みはじめ、排便します。
1L/時間の速度で腸管洗浄液を飲み便が透明になるまで飲みます。

矢印
3.問診

当日までの排便の状況についてうかがいます。

矢印
4.検査

検査衣に着替えて検査を行います。力を抜いてリラックスしてください。
10~30分ほどで検査終了です。

矢印
5.ご帰宅

検査後すぐにお帰りいただいて大丈夫です。お腹が張る場合がありますが、何度かトイレに行けば楽になります。検査後のお食事は普通にされて大丈夫です。
麻酔を使用した方は検査後は30分くらい休憩して頂きます。

大腸カメラ検査の費用

当院の大腸カメラ検査の費用については以下の表をご参照ください。

 

  1割負担 3割負担
大腸カメラのみ 2,000円 6,000円
生検 3,000~5,000円 9,000~15,000円
ポリープ切除 7,000~10,000円 20,000~30,000円

金額は概算になります。事前検査分(血液検査等)は含まれておりません。
大腸へ炎症が起こりやすく、生検やポリープ切除をする方が非常に多いです。

お問い合わせ

大腸がんによる死亡者数は増加傾向にありますが、大腸カメラ検査で早期の段階で発見する事が出来れば大腸がん発症リスクを減らす事は可能となります。
大腸がんは下痢や便秘、腹痛など比較的軽視される事の多い症状が多くあります。


些細な症状でも構いませんのでご自身の身体で不調を感じられましたらお早めにご相談下さい。

かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい TEL 03-6807-7769
かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい footer_tel.png
WEB予約の手順WEB予約の手順 当クリニックの診療・検査のご案内当クリニックの診療・検査のご案内 初診の方へ よくある質問 かわさき内科クリニックBlog かわさき内科クリニックFacebook
  • 03-6807-7769
  • tel_bn_sp.png
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約