2020.07.25更新

毎年梅雨時になると食中毒が増えます。この時期が一年で一番多いじきになります。

食中毒の原因菌もカンピロバクター属が一番多くカンピロバクター腸炎をおこします。

腹痛、嘔吐、下痢の急性胃腸炎症状で発症します。

 

鶏の腸管にいることが多く、生卵や鶏肉を介して感染することが多いです。

生卵の表面や鶏肉に付着しておりそれを摂取してしまいます。

牛丼屋さんが夏場に生卵の持ち帰りを中止するのかこのためです。

 

まれに長引くこともあり、症状が強い時は抗菌薬の投与が必要です。

ギランバレー症候群を起こすこともあり、注意して感染しないことが一番です。

食事を作る時もこまめな手洗いが必要です。生焼けなどの鶏肉は摂取せず良く焼いてください。

 

日本感染症学会のページです。参考にしてください。

https://www.kansensho.or.jp/ref/d11.html

投稿者: かわさき内科クリニック

2016.02.16更新

 今年はインフルエンザワクチンを接種した方が例年よりかなり少ないです。ワクチンが変わり、価格の高騰や化血研の問題があり少なかったのだと思います。

 

 1月末までは暖冬の影響もありインフルエンザや風邪の流行はあまりありませんでしたが、2月になり急激に寒くなったため、爆発的にインフルエンザの方が増えております。

 

 先週の時点で、荒川区は人口比にするとインフルエンザの発生数は23区で一番です。(絶対数では人口の多い区は沢山います)

 特に尾久、南千住が多いようですから、皆さま気をつけてください。

 

 手洗いうがい鼻ほじりはしないようにしましょう。手洗いは手についたウイルスの除去、うがいはのどについたウイルスの除去を行います。

 鼻ほじりは手についたウイルスを鼻毛という防御壁を通り越して、鼻の粘膜にウイルスを塗りたくってしまいます。何気なくしてしまう鼻ほじりは、やめましょう。どうしてもしたいときは手を洗ってからにしてくださいね

 

 インフルエンザなどの感染症を予防してください。

投稿者: かわさき内科クリニック

2016.01.25更新

昨日の雪も殆どとけ、雪の影響が長引かずに安心しました。

 

今年の冬は例年になく暖冬であり、インフルエンザや風邪をひく方が少ないです。

 

今年度はワクチンが変わったことでワクチン接種の費用が高くなったこと、またある会社のインフルエンザワクチンの製造問題があり、インフルエンザワクチンを接種した方が例年の2/3程度でした。

 

報道でもされておりましたが、先週からインフルエンザの方が増えてきており、A型もB型どちらのインフルエンザの方もいらっしゃいます。

インフルエンザによる学級閉鎖も始まっております。

 

皆様気を付けてください。

投稿者: かわさき内科クリニック

2015.06.29更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: かわさき内科クリニック

かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい TEL 03-6807-7769
かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい footer_tel.png
WEB予約の手順WEB予約の手順 当クリニックの診療・検査のご案内当クリニックの診療・検査のご案内 初診の方へ よくある質問 かわさき内科クリニックBlog かわさき内科クリニックFacebook
  • 03-6807-7769
  • tel_bn_sp.png
  • 24時間WEB予約24時間WEB予約