生活習慣病

生活習慣病は、知らず知らずのうちに進行し、やがて脳卒中や心筋梗塞など、深刻な症状が突然現れる病気です。

生活習慣病って?

生活習慣病は、その言葉通り食生活など生活の習慣が原因でかかる病気です。そのため、原因になっている生活習慣を変えることで治る病気のはずです。ところが生活習慣を変えることは、とても難しいこと。まして、こうした生活習慣病はよほど進行しない限りほとんど自覚症状がないのでなおさらです。ところが、進行して現れる症状は、脳卒中や心筋梗塞をはじめとても深刻なものばかりです。

そこで生活習慣病予防の重要性を広めるために始まったのが「メタボ健診」です。この健診の本来の目的は「痩せること」ではなく心筋梗塞や脳梗塞などの怖い症状が現れないように行う「血管保護」です。当院では、患者様にとってベストな方法を探しながら、いっしょにしっかりコントロールしていく診療を行っています。

糖尿病

症状の特徴

インスリンの高低により、体の代謝機能がうまく働かなくなるのが糖尿病です。
インスリンは膵〈すい〉臓で作り出されるホルモンで、細胞が血液の中からブドウ糖を取り込んでエネルギーとして利用するのを助けます。インスリンが働かなくなると血液中のブドウ糖濃度「血糖値」が高くなります。
血糖値が高い状態が続くと、神経と血管を中心にダメージを蓄積していきます。
そのため、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症という怖い合併症が起こりやすくなります。神経障害では身体にさまざまな不調が現れますし、網膜症では失明の可能性があります。また、腎症では透析治療が必要になるケースもあります。

 

治療方法

初期の糖尿病であれば食生活を見直すだけで治すこともできます。症状が進んでいる場合には、生活習慣の改善のほか、血管にこれ以上ダメージを与えないようお薬で血糖値をコントロールしていきます。お薬も現在はいろいろなものが出ていますので、患者様のお考えをよくうかがって、最適な治療方法を探していきます。結果が現れてくるのに1~2年かかりますので、気長に取り組むことが重要です。

 

こんな時にご相談ください

会社などで定期検診を受けている方は、検診で異常があったらいらしてください。太ってきたなど心配な要素がある場合も、お気軽にご相談ください。

高血圧

症状の特徴

血圧計が普及していますので、ご自分で最も気付きやすいのが高血圧です。
高血圧は、心臓から送り出される血液の量が多くなったり、血管が細く狭くなり血液の流れが悪くなったりすることで起こる、血圧が基準値よりも高くなる病気で、収縮期血圧が140以上、または拡張期血圧90以上が基準になっています。高血圧になると、脳梗塞・脳卒中などの脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、心不全などの心臓疾患、慢性腎不全、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などのリスクが高まります。

 

治療方法

食事と運動、そしてお薬による治療を行います。日本人は伝統的に塩分を摂りすぎる傾向があり、比較的過剰な塩分に強いのですが、それでもこうした食生活を続けていると高血圧になってしまいます。食事制限と運動は高血圧治療にとって大きな柱になるもので、これをしっかり行うことで、お薬をやめることも可能です。できるものから根気よく続けていくことが大切ですので、いっしょに考えながら取り組んでいきましょう。

 

こんな時にご相談ください

普段から血圧をこまめに測って記録しておくと安心です。測っていて基準値を超えることが多くなってきたらご相談にいらしてください。

脂質異常症

症状の特徴

はじめて現れる症状が心筋梗塞や脳卒中というケースが多い、とても怖い生活習慣病なのですが、その実態は一番知られていないかもしれません。脂質異常症は、血液中のコレルテロールの量の過不足によって、血管の壁にコレステロールがたまって動脈硬化を起こしやすくなる病気です。自覚症状がほとんどないため、知らずに放置しておくと血管の動脈硬化が進んでいき、脳血管障害、心臓疾患、腎臓疾患、動脈瘤などの血管疾患などの合併症を引き起こす可能性が高まります。

 

治療方法

血液中のLDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)を測定して、どれかひとつでも過不足があれば脂質異常症です。
運動や食習慣が大きく関わっているので、こちらも気長に改善していくしかありません。食事に関しては特に、炭水化物ナシなど極端に走らず全体の量を減らすことが重要です。食べない日を作る、ガマンするものを作って特別な時にだけ食べるなど、さまざまな工夫も可能です。

 

こんな時にご相談ください

検診で以上ありと言われたら、1度ご相談にいらしてください。また、数年検診を受けていない場合には、検査をおすすめしています。

わかりやすく生活習慣病についてご説明しています

当クリニックでは生活習慣病に関して、資料や図解を使うなどして、できるだけ記憶に残る説明を行っていきたいと考えています。例えば胃の内視鏡検査でポリープが見つかった場合、その危険度や、どれくらいの頻度で検査をしていく必要があるか、そしてその病状を改善させるために普段の生活に欠かせない食事療法や運動療法についても細かくご指導するようにしています。

また、意外と「お薬をきちんと飲み続ける」ことが苦手な患者様は多いものです。しかし、飲んだり飲まなかったりを繰り返すと、薬の効果が得られないだけでなく、病気が進行してしまいます。実は 薬を変更して錠数を減らしたり、生活習慣を改善したりすることで薬を中止することも可能です。薬を飲むのをやめたい、減らしたいとお考えの時には、ご自分の判断で中止せず、必ずご相談ください。

生活習慣病治療では、その危険性を何度もお話ししながら患者様と相互理解を深めていきたいと考えています。それでも伝わりづらい内容の場合は、よりわかりやすい言葉を使うなどして、わかっていただけるまでじっくりお付き合いしていきたいと思っています。ゆくゆくは患者様お一人おひとりに持ち帰っていただける資料をご用意して、ご自宅でじっくり症状と向き合うきっかけにできたらいいですね。

かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい TEL 03-6807-7769
かわさき内科クリニック まずはお気軽にご相談下さい footer_tel.png
当クリニックの診療・検査のご案内当クリニックの診療・検査のご案内 当クリニックの診療・検査のご案内当クリニックの診療・検査のご案内 初診の方へ よくある質問 かわさき内科クリニックBlog かわさき内科クリニックFacebook